チネイザンとは

チネイメージ 「チネイザン」(氣内臓 Chi-NeiTsang)は古代中国のタオイスト(道士)の秘伝として伝えられて来た瞑想とヒーリングのシステムを、タイ在住のタオイスト謝明徳(マンタク・チア)老師が、タイ伝統医学と現代医学を踏まえて体系化した内臓セラピーで、近年ではタイの高級リゾートやスパなどでも導入されています。

 タイ伝統医学と同様に古代中国のの道士たちもまた人の生命の誕生がへその中心部で起こることを観察し、胎児は母胎とへその緒で繋がることで成長し栄養を受け取ることから、人の生命の誕生は宇宙の誕生と相似であり等価であり、中心(へそ)に向かい繋がることで全体(宇宙)とひとつになることを発見しました。

 おへそやその周辺部分に直接触れ、マッサージする事によりストレスや緊張、また未消化のまま蓄積された過去のトラウマや感情の記憶が解放される等の効果があるとされ、デトックスとヒーリングを促します。

 『第二の脳』と呼ばれる腸の機能回復はもちろん、内臓や子宮の滞りを整えていく施術になりますので、冷えや便秘、痩身に効果があるのはもちろん、ハーブソルトポットやハーブボールを使って、温めながらの施術は、ホルモンバランスを整えるので、妊活にも良いといわれます。

 お腹を柔らかくし、内蔵から全身へとエナジーを巡らせることで、便秘などの消化器系の問題や冷えやむくみ、免疫・代謝機能の低下を回復させ、内臓の毒素を排出しリンパ・血流を促進し、肋間筋や腹部の深層筋にも働きかけることで腰痛や生理痛等の軽減や生殖機能の改善等の効果にもつながるだけでなく、古い感情の記憶を手放し今この瞬間にくつろいで向き合うことを助けます。

 元来、内臓と感情には密接な関係があります。チネイザンでは内臓に直接働きかけるとともに、感情のバランスも整え、全体の生命力を高めることを目指しています。

(※1)タオ【Tao】・・・人間を自然の一部ととらえ、万物と調和しようとする生き方の智慧。神仙術、陰陽道、老荘思想、東洋医学などを結合したもの。

chineizan3

5line

チネイザンによって報告されている変化の中には、以下の様なものがあります。

  •  内臓の機能向上
  •  冷えやむくみの改善
  •  便通の改善
  •  腰痛や肉体的な疲労、だるさの軽減
  •  生理不順や生理痛の緩和
  •  疲労回復、リラクゼーション
  •  デトックスや痩身効果
  •  ストレスや緊張、過去の感情などのデトックス
  •  感情の安定・ 気力の向上など
chi-neitsang3

内臓の働きの変化だけでなく、体の芯から生命力が湧き出てくるのを実感できます。
チネイザンは特定の病気や症状を“治す”ものではなく、肉体、精神、感情のバランスを良くするものですので、人それぞれに思いがけない変化や発見があるのが特徴です。